HOME>注目記事>足元からのおしゃれを専門店で作ることができる

計測してから仕立てる

女性

オーダーメイドの靴は、専門店でのみ作ることができ、それにより好みのデザインに仕立てたり、ぴったりフィットするサイズ感に仕上げることが可能になり、既製品ではサイズが合わない人であったり、こだわりが強い人から選ばれています。専門店の中にはサイズの制限を設けている場合もあります。足長21.5cm~26.0cmまでの取扱いとなるのは女性専用となるオーダーショップです。また、ぴったりサイズで仕立てるために、シュージュエリストによる3次元足型計測が行われるのですが、なかなか来店できない人向けにアプリにて計測ができるようです。また、マメ知識として知っておきたいのは、いくらぴったりサイズに仕立てたとしても、素材によって伸縮性が異なります。ですから、仕立てた後は、幅伸ばし・調整をすることもサービスの1つとして行えるので、生涯、かかりつけとなるお店探しをしておくお客さんがいらっしゃいます。

デザインをカスタマイズ

婦人靴

ファッション性を考える人も、オーダーメイドで靴を作っています。何より、一から選ぶことが可能ですから、好みの素材を選ぶこともできてしまいます。レザーにも種類があり、ノンレザーはいわゆる合成皮革で、リアルレザーのほうが価格的に高め傾向ですが、持ちの良さがあります。また、最近では雨の日にもおしゃれなファッションを楽しむ人が多く、専門店ではレイン用となる防水加工のできるレザー靴も仕立ててくれます。また、素材を選んでからは、色、ヒールの高さや種類、トゥのラインをはじめ、フロントストラップなのかアンクルストラップなのか、そうしたおしゃれを自らの趣味趣向でカスタムできます。

サイズは周期によって変わる

ヒール

わざわざオーダーメイドの靴を作る理由は、やはりサイズを選べていないからでしょう。足にフィットしていないと、痛みや靴擦れ、外反母趾の原因になることもあります。そうした痛みなどをカバーするように仕立てることも可能です。靴が小さいと勘違いすることもある話しですが、女性の場合には生理周期によってサイズが変わります。細い・太いワイズ選びから、数十通りのサイズサンプルを試し履きしながら、そうしてぴったりフィットする一足を作ってもらえます。

広告募集中